ピアノ教室に通う、自宅に先生が訪問してくれレッスンしてくれるなど、多様な方法で、ピアノを習う友人が多くいました。ピアノは、男女問わずレッスンを受けられていた事もあり、一種の憧れのような気持ちを当時は抱いていました。私は、実際には習う事はありませんでしたが、初心者用のバイエルという本をどこまでやったのか、やピアノの連弾ができるといった友人達の披露の場はいつも盛り上がっていたことを覚えています。また、ピアノをされていた子は、音楽への関心が他に比べて強いなという印象を受けました。やはり、音楽に日々触れているからでしょうか。ただ、ピアノができるから、音痴ではないはどうも違うようで、ピアノが上手な友人は...